2006年08月02日

ガラスのうさぎ

社宅の人と大勢で、戦争をアニメ映画にした「ガラスのうさぎ」を見に行ってきました。
6時からなのに30分前に行っても誰もいない・・・。
変な宗教団体主催?と思ってみたけど、教育委員会みたいなことを書いてるし。でも、そうこうしてるうちに、ボチボチ人が入って、満席になってました。
4歳の息子は、内容がまだ難しいだろうけど、2年生の娘は、こういう戦争の話は始めて。
すごくショックだったらしく、終わってから、かなりブルー。
「あの話って本当のこと?」「あの女の子は、まだ、生きてる?」とか、しつこいほど聞いてくるし、家についても、黙りこくって、思い出したようにまた、聞いてくる。
「私、今日は、ユメ見そう」

戦争のことは、やっぱり知っておかなきゃならないと思う。
ああいう映画を見た後は、子供に限らず大人も心が沈んでしまうけど、いい経験だったと思う。
posted by メリモ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ガラスのうさぎ
Excerpt: ガラスのうさぎガラスのうさぎは、高木敏子による小説である。第二次世界大戦における自分の経験を元に執筆され、1972年に金の星社から出版されている。2005年、終戦60周年を記念して、四分一節子により映..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2006-08-23 16:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。