2006年10月31日

イジメ

イジメによる自殺が、最近、また多発してきた。
私達が子供の頃、「イジメ」ってすごい流行った。
(↑流行ったって言葉遣いが、ちょっとおかしいですが・・)

自殺という行為をしてまで、いじめられた方は、訴えたかったってコトだよね。
でも、どうなんだろ?
死んじゃえば、終わりじゃん。 生きることを放棄してるじゃん。
両親は、どんな気持ちだろう。子供を大切に思う気持ちは、どんな親だって一緒。
大事に育てた子供が自殺したら、その後、苦しむに決まってる。

何故、あきらめるのかな?生きることを。
昔、「完全自殺マニュアル」を読んで、思ったこと。

「死ぬのはいつでも出来る。だから、生きよう。」

自殺の様子が生生しく書かれていて、、、死ぬ気も失せてしまった。
「こういう死に方は、汚い」とか、「自殺をする前は、トイレを済ませておこう」とか。

話が脱線してしまいましたが、学校まかせにしないで、親だったら子供の様子で「イジメ」にあってるかどうか分かるはずです。
今まで育ててきたんだから、その合図だって分かるはず。
苦しむために学校行かなくてもいいじゃん。今、そういう人達を受け入れる施設だっていっぱい出来てる。
分かり合える人がきっと出来るはず。楽しいこともいっぱいあるはず。

中学の時に、イジメられてる女の子がいた。
だけど、私は、避けてなかった。いつもどおりに接してた。
「イジメ」とか、そういうのキライ。バカみたい。レベル低すぎ。
どんなタイプの子だっているんだよ。同じように生きてる。
今では、その子は、子供が2人もいる立派なお母さん。
強いなって思う。頑張ったなって思う。

お正月に中学の同級会があったんだけども、おもしろかった。
今まで、イジメにあってた方が、イジメテル子より、社会的立場が上だったり。
土木作業員と映画製作会社のチーフとか、ね。
大体、そんなもんでしょ。どう転がるか分からない。

何書きたいのかよく分からなかったけども・・
言いたいことは、生きてほしいということです。
死んだら何もできない。だから、今、出来ることをしてほしい。
死ぬことを考えたら、何でも出来る!
posted by メリモ at 18:14| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。